他のバージョンの文書10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

51.36. pg_partitioned_table

カタログpg_partitioned_tableはテーブルがどのようにパーティションに分けられているかに関する情報を格納します。

表51.36 pg_partitioned_tableの列

名前参照先説明
partrelidoidpg_class.oidこのパーティションテーブルのpg_classのエントリのOID
partstratchar パーティショニング戦略。 lならリストパーティションテーブル、rなら範囲パーティションテーブル。
partnattsint2 パーティションキーの列の数
partattrsint2vectorpg_attribute.attnumこれはpartnatts値の配列で、どのテーブル列がパーティションキーの一部となっているかを示します。 例えば、値が1 3であれば、テーブルの1番目と3番目の列がパーティションキーを構成することを意味します。 この配列がゼロの場合は、対応するパーティションキー列が式であって、単なる列参照ではないことを示します。
partclassoidvectorpg_opclass.oidこれは、パーティションキーの各列について、使用する演算子クラスのOIDが入ります。 詳細についてはpg_opclassを参照してください。
partcollationoidvectorpg_opclass.oidこれは、パーティションキーの各列について、パーティショニングで使用する照合のOIDが入ります。 列が照合できないデータ型の場合はゼロが入ります。
partexprspg_node_tree 単純な列参照ではないパーティションキー列についての(nodeToString()形式での)式ツリーです。 partattrsがゼロの各エントリについて1つの要素があるリストになっています。 すべてのパーティションキー列が単純な参照ならNULLとなります。