他のバージョンの文書10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

51.37. pg_pltemplate

pg_pltemplateカタログは手続き言語のテンプレートに関する情報を格納します。 手続き言語のテンプレートを使用することで、特定のデータベース内で単純なCREATE LANGUAGEコマンドにより言語が作成できます。 実装の詳細を指定する必要はありません。

多くのシステムカタログと異なりpg_pltemplateはクラスタの全てのデータベースに共有されています。 データベース毎ではなく、クラスタ毎にただ1つのpg_pltemplateのコピーがあります。 これにより、それぞれのデータベースは、必要とされたときにデータにアクセスできます。

表51.37 pg_pltemplateの列

名前説明
tmplnamenameこのテンプレートのための言語の名前
tmpltrustedboolean言語が信頼されている場合は真
tmpldbacreateboolean言語がデータベース所有者により作成されているかもしれない場合は真
tmplhandlertext呼び出しハンドラ関数の名前
tmplinlinetext匿名ブロックハンドラ関数の名前。存在しない場合はNULL。
tmplvalidatortext有効性検査関数の名前。無い場合はNULL
tmpllibrarytext言語を実装している共有ライブラリのパス
tmplaclaclitem[]テンプレートのアクセス権限(実際には未使用)

手続き言語のテンプレートを扱うコマンドは、今のところありません。 組み込まれた情報を変えるためにはスーパーユーザが、INSERTDELETEもしくはUPDATEを使用してテーブルを変更する必要があります。

注記

手続き言語に関するこの情報を対応する拡張インストール用スクリプトで保持することを優先させ、今後のPostgreSQLのリリースでpg_pltemplateは削除される予定です。