他のバージョンの文書 13 | 12 | 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

51.19. pg_description

各データベースオブジェクトに対して付けられたオプションの補足説明(コメント)はpg_descriptionカタログに格納されます。 補足説明はCOMMENTコマンドで編集でき、psql\dコマンドで表示できます。 多くの組み込み型のシステムオブジェクトの説明は、pg_descriptionの最初の部分で提供されています。

pg_shdescriptionも参照してください。 こちらは、データベースクラスタに渡って共有されるオブジェクトに関する説明について、同様の機能を行います。

表51.19 pg_description Columns

列 型

説明

objoid oid (references any OID column)

この補足説明が属するオブジェクトのOID

classoid oid (references pg_class.oid)

このオブジェクトが現れるシステムカタログのOID

objsubid int4

テーブル列についてのコメントの場合、これは列の(objoidもしくはclassoidはテーブル自身を参照します)列番号です。 他のすべての種類のオブジェクトでは、このフィールドはゼロです。

description text

このオブジェクトの説明となる任意のテキスト