★PostgreSQLカンファレンス2021 11月12日開催/チケット販売中★
他のバージョンの文書 13 | 12 | 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

51.60. pg_ts_parser

pg_ts_parserカタログはテキスト検索パーサを定義する項目を含みます。 パーサは、入力テキストを語彙素に分割することとトークン型を語彙素に割り当てることに責任を持ちます。 パーサはC言語レベルの関数で実装されていなくてはいけないため、新規のパーサの作成はデータベースのスーパーユーザに制限されています。

PostgreSQLのテキスト検索機能については第12章で詳しく説明します。

表51.60 pg_ts_parser Columns

列 型

説明

oid oid

行識別子

prsname name

テキスト検索パーサの名称

prsnamespace oid (references pg_namespace.oid)

このパーサを含む名前空間のOID

prsstart regproc (references pg_proc.oid)

パーサ起動関数のOID

prstoken regproc (references pg_proc.oid)

パーサの次のトークン関数のOID

prsend regproc (references pg_proc.oid)

パーサの終了関数のOID

prsheadline regproc (references pg_proc.oid)

パーサの見出し関数のOID

prslextype regproc (references pg_proc.oid)

パーサの字句型関数のOID