他のバージョンの文書 14 | 13 | 12 | 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

36.15. column_privileges

column_privilegesビューは、現在有効なロールに対し、または現在有効なロールによって、列に与えられた権限を全て識別します。 列と許可を与えた者、許可を受けた者の組み合わせごとに1行があります。

権限がテーブル全体に付与されていた場合、このビューでは各列に権限が付与された場合と同じように表示されます。 しかし、SELECTINSERTUPDATEREFERENCESといった列単位で設定可能な種類の権限のみを対象範囲とします。

表36.13 column_privilegesの列

列 型

説明

grantor sql_identifier

権限を与えたロールの名前です。

grantee sql_identifier

権限を与えられたロールの名前です。

table_catalog sql_identifier

その列を含むテーブルを持つデータベースの名前です(常に現在のデータベースです)。

table_schema sql_identifier

その列を含むテーブルを持つスキーマの名前です。

table_name sql_identifier

その列を含むテーブルの名前です。

column_name sql_identifier

列の名前です。

privilege_type character_data

権限の種類です。 SELECTINSERTUPDATE、もしくはREFERENCESです。

is_grantable yes_or_no

この権限を付与可能な場合はYES、さもなくばNOです。