他のバージョンの文書 13 | 12 | 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

36.16. column_udt_usage

column_udt_usageビューは、現在有効なロールが所有するデータ型を使用する全ての列を識別します。 PostgreSQLでは、組み込みデータ型がユーザ定義型同様に振舞いますので、組み込みデータ型も同様にここに含まれます。 詳細は36.17も参照してください。

表36.14 column_udt_usageの列

列 型

説明

udt_catalog sql_identifier

列データ型(もし適用されていたら背後にあるドメインの型)を定義したデータベースの名前です(常に現在のデータベースです)。

udt_schema sql_identifier

列データ型(もし適用されていたら背後にあるドメインの型)を定義したスキーマの名前です。

udt_name sql_identifier

列データ型(もし適用されていたら背後にあるドメインの型)の名前です。

table_catalog sql_identifier

テーブルを持つデータベースの名前です(常に現在のデータベースです)。

table_schema sql_identifier

テーブルを持つスキーマの名前です。

table_name sql_identifier

テーブルの名前です。

column_name sql_identifier

列の名前です。