《PostgreSQL Conference Japan 2018》   他のバージョンの文書10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

30.8. column_udt_usage

column_udt_usageビューは、現在のユーザが所有するデータ型を使用する全ての列を識別します。 PostgreSQLでは、組み込みデータ型がユーザ定義型同様に振舞いますので、組み込みデータ型も同様にここに含まれます。 詳細は項30.9も参照してください。

表 30-6. column_udt_usage の列

名前データ型説明
udt_catalogsql_identifier列データ型(もし適用されていたら背後にあるドメインの型)を定義したデータベースの名前です。(常に現在のデータベースです。)
udt_schemasql_identifier列データ型(もし適用されていたら背後にあるドメインの型)を定義したスキーマの名前です。
udt_namesql_identifier列データ型(もし適用されていたら背後にあるドメインの型)の名前です。
table_catalogsql_identifierそのテーブルを持つデータベースの名前です。(常に現在のデータベースです。)
table_schemasql_identifierそのテーブルを持つスキーマの名前です。
table_namesql_identifierテーブルの名前です。
column_namesql_identifier列の名前です。