[11/15開催: PostgreSQL Conference Japan 2019 参加受付中] 
他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

DROP RULE

Name

DROP RULE  --  書き換えルールの削除

Synopsis

DROP RULE name ON relation [ CASCADE | RESTRICT ]
  

入力

name

削除する既存ルールの名前です。

relation

このルールが適用されるリレーションの名前です (スキーマ修飾名でも可)。

CASCADE

このルールに依存しているオブジェクトを自動的にドロップします。

RESTRICT

依存しているオブジェクトがある場合に、このルールの削除を拒否します。これがデフォルトです。

出力

DROP RULE

成功した時に返されるメッセージです。

ERROR: Rule "name" not found

このメッセージは、指定したルールが存在しない場合に返されます。

説明

DROP RULE は指定された PostgreSQL のルールシステムからルールを削除します。 PostgreSQL はすぐにそのルールの適用をやめ、システムカタログからその定義を取り除きます。

注釈

DROP RULE 文は PostgreSQL の言語拡張です。

ルールの作成方法に関する情報については CREATE RULE を参照して下さい。

使用方法

書き換えルール newrule を削除するには以下のようにします。

DROP RULE newrule ON mytable;
   

互換性

SQL92

SQL92 には DROP RULE はありません。