[11/15開催: PostgreSQL Conference Japan 2019 参加受付中] 
他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

43.28. pg_trigger

pg_trigger カタログはテーブル上のトリガを保存します。より詳細は CREATE TRIGGER を参照してください。

表 43-28. pg_trigger

名前参照先説明
tgrelidoidpg_class.oidトリガのかかっているテーブル
tgnamename トリガ名(同一テーブル内で一意である必要があります)
tgfoidoidpg_proc.oid呼び出される関数
tgtypeint2 トリガ条件を指定するビットマスク
tgenabledbool トリガが動作できる場合は真(現時点では、端から端まで検証をしていないため、ここを僞に設定してトリガが作動しないようにしてもその通りになる保証はありません。)
tgisconstraintbool トリガが参照整合性制約を実装する場合は真
tgconstrnamename 参照整合性制約名
tgconstrrelidoidpg_class.oid参照整合性制約で参照されるテーブル
tgdeferrablebool DEFERRED 可能(トランザクション終了まで制約のチェックを行わない時は)真
tginitdeferredbool 初めに DEFFERABLE を宣言されていれば真
tgnargsint2 Number of argument strings passed to trigger function
tgattrint2vector 現在使われていません。
tgargsbytea トリガに渡される引数文字列で NULL 文字で終結

注意: pg_class はこのテーブルの見出し語と一致しなければなりません。