他のバージョンの文書11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

16.2. データベースクラスタの作成

まず第一に、ディスク上にデータベース格納領域を初期化する必要があります。 この格納領域を データベースクラスタ と呼びます (SQL では、代わりにカタログクラスタという用語が使用されます)。 データベースクラスタはデータベースの集合で、稼働しているデータベースサーバのただ 1つのインスタンスを通してアクセスすることができます。 初期化が終わると、データベースクラスタには template1 という名前のデータベースが含まれています。 その名前から推測できるように、これはその後に作成されるデータベースのテンプレートとして使われます。 従って、実際の作業に使用すべきではありません。 (データベースの作成については 第18章 を参照して下さい。)

ファイルシステムの観点から見ると、データベースクラスタというのは、すべてのデータが格納される 1 つのディレクトリということになります。 これは データディレクトリ もしくは データ領域 と呼ばれます。 どこにデータを格納するかは完全にユーザの自由です。 特にデフォルトの領域はありませんが、一般的によく使われるのは /usr/local/pgsql/data/var/lib/pgsql/data です。 データベースクラスタを初期化するためには、PostgreSQL と一緒にインストールされるコマンド initdb を使用してください。 データベースシステムのファイルシステム上の場所は、オプション -D で示します。 たとえば次のようにします。

$ initdb -D /usr/local/pgsql/data

このコマンドは、前節で説明した PostgreSQL ユーザアカウントでログインして実行する必要があります。

ティップ: オプション -D を使う代わりに環境変数 PGDATA を設定することもできます。

もし指定したディレクトリが存在しない場合は、initdb はその新しいディレクトリを作成しようとします。 しかし(ここのアドバイスに従って非特権アカウントを作成した場合など)作成権限がない場合があります。 その場合は(root として)手動でディレクトリ自体を作成し、その所有者を PostgreSQL ユーザに変更します。 下記がその例となります。

root# mkdir /usr/local/pgsql/data
root# chown postgres /usr/local/pgsql/data
root# su postgres
postgres$ initdb -D /usr/local/pgsql/data

データディレクトリがすでに初期化されているように見える場合は、initdb は実行を拒否します。

データディレクトリにはデータベースの中のすべてのデータが保持されるため、権限を持たない人のアクセスを確実に制限することが不可欠です。 ですから、initdbPostgreSQL ユーザ以外にはアクセス権を与えません。

しかし、ディレクトリの内容は安全ですが、デフォルトのクライアント認証の設定では、全てのローカルユーザはデータベースに接続でき、データベーススーパユーザになることさえ可能です。 他のローカルユーザを信用しない場合、initdb-W または --pwprompt オプションを使用して、データベーススーパユーザにパスワードを付与することを推奨します。 initdb の後、初回のサーバの起動の に、trust 認証ではなく、md5 または password 認証を使用するように pg_hba.conf ファイルを変更して下さい。 (他の方法として、ident 認証やファイルシステムの権限を使用して、接続を制限することもできます。 詳細については 第19章 を参照して下さい。

initdb はまた、データベースクラスタのデフォルトのロケールを初期化します。 通常は、環境のロケール設定を初期化されたデータベースにそのまま適用します。 データベースに異なるロケールを指定することも可能です。 詳細については 項20.1 を参照して下さい。 特定のデータベースクラスタ内で使用されるソート順はinitdbで設定され、initdb後は全データをダンプし、initdbを再実行し、ダンプしたデータを再読み込みさせる手順を踏む以外変更することができません。 従って、最初の時点でこの選択を正しく行なうことが重要です。