他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

B.2. 日付/時刻キーワード

表B-1に、月名の簡略形として使用可能なトークンを示します。

表 B-1. 月の簡略形

簡略形
AprilApr
AugustAug
DecemberDec
FebruaryFeb
JanuaryJan
JulyJul
JuneJun
MarchMar
NovemberNov
OctoberOct
SeptemberSep、Sept

注意: Mayには当然のごとく簡略形はありません。

表B-2に、曜日名の簡略形として使用可能なトークンを示します。

表 B-2. 曜日の簡略形

曜日簡略形
SundaySun
MondayMon
TuesdayTue、Tues
WednesdayWed、Weds
ThursdayThu、Thur、Thurs
FridayFri
SaturdaySat

表B-3に、様々な修飾子の目的を持つトークンを示します。

表 B-3. 日付/時刻フィールドの修飾子

識別子説明
ABSTIMEこのキーワードは無視されます。
AM12:00以前の時刻
ATこのキーワードは無視されます。
JULIAN, JD, J次のフィールドはユリウス日
ONこのキーワードは無視されます。
PM12:00と12:00以降の時刻
T次のフィールドは時刻

歴史的な理由で、ABSTIMEキーワードは無視されます。 非常に旧いリリースのPostgreSQLにおいては、ABSTIME型で無効な値にはInvalid Abstimeのように警告がだされました。 しかし現在ではこのようなことにはなりませんが、このキーワードは将来のリリースで削除される予定です。

表B-4PostgreSQLの日付時刻値の入力で認識可能な時間帯の省略形を示します。 広範囲の地域をまたがった時間帯情報へアクセスできるような標準的なオペレーティングシステムのインタフェースがないため、PostgreSQLは時間帯入力を解読するために内部テーブルで情報を持っています。 もっとも、出力用の時間帯情報の提供には、オペレーティングシステムが使用されます

また、SET TIMEZONEで認知される時間帯の名前がオペレーティングシステムと独立していること、および、表B-4を使用しなければならないことを忘れないでください。 例えば、一部のシステムではSET TIMEZONEでは'Europe/Rome'といった値を認識します。

このテーブルでは、アルファベット順ではなく、UTCからの隔たりの順で時間帯は構成されています。 これは、認識された簡略形の大文字小文字が違っていても、ローカルの使用法と一致させることが容易にできるよう意図されています。

表 B-4. 時間帯の簡略形

時間帯UTCからの隔たり説明
NZDT+13:00ニュージーランド夏時間
IDLE+12:00国際日付変更線の東側
NZST+12:00ニュージーランド標準時間
NZT+12:00ニュージーランド時間
AESST+11:00オーストラリア東部標準夏時間
ACSST+10:30オーストラリア中部標準夏時間
CADT+10:30オーストラリア中部夏時間
SADT+10:30オーストラリア南部夏時間
AEST+10:00オーストラリア東部標準時間
EAST+10:00オーストラリア東部標準時間
GST+10:00グアム標準時間、USSRゾーン9
LIGT+10:00オーストラリア、メルボルン
SAST+09:30オーストラリア南部標準時間
CAST+09:30オーストラリア中部標準時間
AWSST+09:00オーストラリア西部標準夏時間
JST+09:00日本標準時間、ロシアゾーン8
KST+09:00韓国標準時間
MHT+09:00マーシャル群島、クワジュリン時間
WDT+09:00オーストラリア西部夏時間
MT+08:30モルッカ諸島時間
AWST+08:00オーストラリア西部標準時間
CCT+08:00中国湾岸時間
WADT+08:00オーストラリア西部夏時間
WST+08:00オーストラリア西部標準時間
JT+07:30ジャワ島時間
ALMST+07:00アルマトイ夏時間
WAST+07:00オーストラリア西部標準時間
CXT+07:00クリスマス島時間
MMT+06:30ミャンマー時間
ALMT+06:00アルマトイ時間
MAWT+06:00モーソン(南極大陸)時間
IOT+05:00インドチャゴス時間
MVT+05:00モルディブ島時間
TFT+05:00ケルゲレン諸島時間
AFT+04:30アフガニスタン時間
EAST+04:00マダガスカル、アンタナナリボ
MUT+04:00モーリシャス島時間
RET+04:00レユニオン島時間
SCT+04:00マーヘ島時間
IRT, IT+03:30イラン時間
EAT+03:00アンタナナリボ、コモロ時間
BT+03:00バクダッド時間
EETDST+03:00東ヨーロッパ夏時間
HMT+03:00ギリシャ、ヘラ地中海時間(?)
BDST+02:00英国二重標準時間
CEST+02:00中央ヨーロッパ夏時間
CETDST+02:00中央ヨーロッパ夏時間
EET+02:00東ヨーロッパ時間、ロシアゾーン1)
FWT+02:00フランス冬時間
IST+02:00イスラエル標準時間
MEST+02:00中央ヨーロッパ夏時間
METDST+02:00中央ヨーロッパ夏時間
SST+02:00スウェーデン夏時間
BST+01:00英国夏時間
CET+01:00中央ヨーロッパ時間
DNT+01:00Dansk Normal Tid(デンマーク標準時間)
FST+01:00フランス夏時間
MET+01:00中央ヨーロッパ時間
MEWT+01:00中央ヨーロッパ冬時間
MEZ+01:00Mitteieuropaische Zeit(中央ヨーロッパ地域時間)
NOR+01:00ノルウェー標準時間
SET+01:00セイシェル時間
SWT+01:00スウェーデン冬時間
WETDST+01:00西ヨーロッパ夏時間
GMT00:00グリニッジ標準時間
UT00:00万国共通時間
UTC00:00協定世界時間
Z00:00UTCと同じ
ZULU00:00UTCと同じ
WET00:00西ヨーロッパ時間
WAT-01:00西アフリカ時間
FNST-01:00フェルナンド・デ・ノローニャ夏時間
FNT-02:00フェルナンド・デ・ノローニャ時間
BRST-02:00ブラジニア夏時間
NDT-02:30ニューファンドランド夏時間
ADT-03:00大西洋夏時間
AWT-03:00(不明)
BRT-03:00ブラジリア時間
NFT-03:30ニューファンドランド標準時間
NST-03:30ニューファンドランド標準時間
AST-04:00大西洋標準時間(カナダ)
ACST-04:00大西洋/ポルトアクリ夏時間
EDT-04:00米国東部夏時間
ACT-05:00大西洋/ポルトアクリ標準時間
CDT-05:00米国中部夏時間
EST-05:00米国東部標準時間
CST-06:00米国中部標準時間
MDT-06:00米国山岳部夏時間
MST-07:00米国山岳部標準時間
PDT-07:00米国太平洋夏時間
AKDT-08:00アラスカ夏時間
PST-08:00米国太平洋標準時間
YDT-08:00ユーコン夏時間
AKST-09:00アラスカ標準時間
HDT-09:00ハワイ/アラスカ夏時間
YST-09:00ユーコン標準時間
MART-09:30マルケサス諸島時間
AHST-10:00ハワイ/アラスカ標準時間
HST-10:00Hawaii Standard Time(ハワイ標準時間)
CAT-10:00アラスカ中央時間
NT-11:00ノーム時間
IDLW-12:00国際日付変更線の西側

オーストラリア時間帯. 南北アメリカで一般に使用されている時間帯とオーストラリア時間帯について、ACSTCST、およびESTという3つの競合する名前があります。 AUSTRALIAN_TIMEZONES実行時オプションを真に設定すると、ACSTCSTEST、およびSATは、オーストラリア時間帯名と解釈されます(表B-5参照)。 このオプションを偽(こちらがデフォルト)に設定すると、ACSTCST、およびESTは米国時間帯名と見なされ、SAT は土曜を示すノイズと解釈されます。

表 B-5. オーストラリア時間帯の簡略形

時間帯UTC からの隔たり説明
ACST+09:30中部オーストラリア標準時間
CST+10:30オーストラリア中部標準時間
EST+10:00オーストラリア東部標準時間
SAT+09:30南部オーストラリア標準時間