《PostgreSQL Conference Japan 2018》   他のバージョンの文書10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

31.18. key_column_usage

key_column_usageビューは、現在のデータベースにおいて、ある一意性制約、プライマリキー制約、外部キー制約によって制限を受けている全ての列を識別します。 検査制約はこのビューには含まれません。 現在のユーザによって所有されたテーブル内のこうした列のみがここに示されます。

表 31-16. key_column_usageの列

名前データ型説明
constraint_catalogsql_identifier制約を持つデータベースの名前です(常に現在のデータベースです)。
constraint_schemasql_identifier制約を持つスキーマの名前です。
constraint_namesql_identifier制約の名前です。
table_catalogsql_identifierある制約によって制限を受ける列を持つテーブルを持つデータベースの名前です (常に現在のデータベースです)。
table_schemasql_identifierある制約によって制限を受ける列を持つテーブルを持つスキーマの名前です。
table_namesql_identifierある制約によって制限を受ける列を持つテーブルの名前です。
column_namesql_identifierある制約によって制限を受ける列の名前です。
ordinal_positioncardinal_number制約キー内の列の位置を(1から始まる)序数で表したものです。