他のバージョンの文書10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

第 31章情報スキーマ

目次
31.1. スキーマ
31.2. データ型
31.3. information_schema_catalog_name
31.4. applicable_roles
31.5. check_constraints
31.6. column_domain_usage
31.7. column_privileges
31.8. column_udt_usage
31.9. columns
31.10. constraint_column_usage
31.11. constraint_table_usage
31.12. data_type_privileges
31.13. domain_constraints
31.14. domain_udt_usage
31.15. domains
31.16. element_types
31.17. enabled_roles
31.18. key_column_usage
31.19. parameters
31.20. referential_constraints
31.21. role_column_grants
31.22. role_routine_grants
31.23. role_table_grants
31.24. role_usage_grants
31.25. routine_privileges
31.26. routines
31.27. schemata
31.28. sql_features
31.29. sql_implementation_info
31.30. sql_languages
31.31. sql_packages
31.32. sql_sizing
31.33. sql_sizing_profiles
31.34. table_constraints
31.35. table_privileges
31.36. tables
31.37. triggers
31.38. usage_privileges
31.39. view_column_usage
31.40. view_table_usage
31.41. views

情報スキーマは、現在のデータベースで定義されたオブジェクトについての情報を持つビューの集合から構成されます。 情報スキーマは標準SQLで定義されています。 したがって、PostgreSQLに特化し、実装上の事項にならって作成されるシステムカタログとは異なり、移植性があり、安定性を保持できるものと期待することができます。 しかし、情報スキーマのビューには、PostgreSQL固有の機能についての情報が含まれています。 これに問い合わせを行うためには、システムカタログもしくはPostgreSQL固有のビューに問い合わせを行う必要があります。

31.1. スキーマ

情報スキーマ自身は、information_schemaという名前のスキーマです。 このスキーマは自動的に全てのデータベース内に存在します。 このスキーマの所有者は、クラスタ内の最初のデータベースユーザであり、当然このユーザは、スキーマの削除を含む、スキーマについての全ての権限を持ちます (しかし、削除したとしても領域の節約は非常に少量です)。

デフォルトでは、情報スキーマはスキーマの検索パスには含まれません。 ですので、修飾した名前で情報スキーマ内の全てのオブジェクトにアクセスする必要があります。 情報スキーマ内の一部のオブジェクトの名前はユーザアプリケーションでも使用されるような一般的な名前であるため、情報スキーマをパスに追加する場合は注意しなければなりません。