他のバージョンの文書9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

17.16. 短いオプション

都合の良いように、一文字のコマンドラインオプションスイッチも、幾つかのパラメータのために用意されています。それらは表17-1に解説されています。

表 17-1. 短いオプションキー

短いオプション同義
-B xshared_buffers = x
-d xlog_min_messages = DEBUGx
-Ffsync = off
-h xlisten_addresses = x
-ilisten_addresses = '*'
-k xunix_socket_directory = x
-lssl = on
-N xmax_connections = x
-p xport = x
-fb, -fh, -fi, -fm, -fn, -fs, -ft[a] enable_bitmapscan = off, enable_hashjoin = off, enable_indexscan = off, enable_mergejoin = off, enable_nestloop = off, enable_seqscan = off, enable_tidscan = off
-s[a]log_statement_stats = on
-S x[a] work_mem = x
-tpa, -tpl, -te[a]log_parser_stats = on, log_planner_stats = on, log_executor_stats = on
注意:
a. 歴史的な理由により、これらのオプションはpostmaster-oオプションを使用してで個々のサーバプロセスに渡される必要があります。

$ postmaster -o '-S 1024 -s'

もしくは前述のごとく、クライアント側からPGOPTIONSで渡されなければなりません。