他のバージョンの文書10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

EXECUTE

名前

EXECUTE --  準備された文を実行する

概要

EXECUTE name [ (parameter [, ...] ) ]

説明

EXECUTEは、前もって準備された文を実行する際に使用します。 準備された文はセッション中にしか存在できないため、事前に同一セッション中のPREPARE文によって作成されたものでなければなりません。

文を作成したPREPARE文にパラメータが指定されている場合は、これに適合するパラメータの集合がEXECUTEに渡される必要があります。 そうしないと、エラーになります。 (関数とは異なり)準備された文は、パラメータのデータ型や個数によってオーバーロードされることはありません。 準備された文の名前は、1つのデータベースセッション内で一意でなければなりません。

準備された文の作成方法と使用方法についての詳細はPREPAREを参照してください。

パラメータ

name

実行する準備された文の名前を指定します。

parameter

準備された文に対するパラメータの実際の値を式で指定します。 この式は、準備された文が生成された時に決定される、そのパラメータのデータ型と互換性のある値を返す必要があります。

出力

EXECUTEで返されるコマンドタグは、EXECUTEではなく、準備された文のコマンドタグとなります。

例はPREPARE文書の節にあります。

互換性

標準SQLにはEXECUTE文が含まれていますが、これは埋め込みSQLでのみ使用できます。 また、このバージョンのEXECUTE文では、多少異なる構文が使用されています。

関連項目

DEALLOCATE, PREPARE