他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

44.3. pg_am

pg_amカタログにはインデックスアクセスメソッドの情報が格納されています。システムがサポートするそれぞれのインデックスアクセスメソッドに対し1つの行が存在します。 このカタログの中身は第50章で詳しく述べられています。

表 44-3. pg_amの列

名前参照先説明
amnamename アクセスメソッド名
amstrategiesint2 このアクセスメソッド用の演算子戦略数。もしアクセスメソッドが演算子戦略の固定された組を保持していない場合はゼロ。
amsupportint2 このアクセスメソッド用のサポートルーチンの数
amcanorderbool アクセスメソッドは整列スキャンをサポートしているか?
amcanbackwardbool アクセスメソッドは後方スキャンをサポートしているか?
amcanuniquebool アクセスメソッドが一意インデックスをサポートするかどうか?
amcanmulticolbool アクセスメソッドが複数列インデックスをサポートするかどうか?
amoptionalkeybool アクセスメソッドが最初のインデックス列に対して制約無しのスキャンをサポートするかどうか?
amindexnullsbool アクセスメソッドがインデックスエントリにNULLを許すかどうか?
amsearchnullsbool アクセスメソッドはIS NULL検索をサポートしているか?
amstoragebool インデックス格納データの型を列のデータ型から変更できるか?
amclusterablebool この型のインデックスはクラスタ可能か?
amkeytypeoidpg_type.oidインデックス内に保存されたデータ型、もしくは固定型ではない場合はゼロ
aminsertregprocpg_proc.oid"このタプル挿入"関数
ambeginscanregprocpg_proc.oid"新規スキャン開始"関数
amgettupleregprocpg_proc.oid"次に有効なタプル"関数、もしくは存在しない場合はゼロです。
amgetbitmapregprocpg_proc.oid"複数タプルのフェッチ"関数、もしくは存在しない場合はゼロです。
amrescanregprocpg_proc.oid"このスキャン再開始"関数
amendscanregprocpg_proc.oid"このスキャン終了"関数
ammarkposregprocpg_proc.oid"現在のスキャン位置記録"関数
amrestrposregprocpg_proc.oid"記録したスキャン位置復元"関数
ambuildregprocpg_proc.oid"新規インデックスビルド"関数
ambulkdeleteregprocpg_proc.oidバルク削除関数
amvacuumcleanupregprocpg_proc.oidVACUUM後クリーンアップ関数
amcostestimateregprocpg_proc.oidインデックススキャンのコスト推測関数
amoptionsregprocpg_proc.oidインデックスのreloptionsを解析、検証するための関数