[11/15開催: PostgreSQL Conference Japan 2019 参加受付中] 
他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

44.27. pg_operator

pg_operatorカタログは演算子の情報を保存します。これらの演算子のパラメータの詳細はCREATE OPERATOR項34.12を参照してください。

表 44-27. pg_operatorの列

名前参照先説明
oprnamename 演算子名
oprnamespaceoidpg_namespace.oid この演算子を含む名前空間のOID
oprowneroidpg_authid.oid演算子の所有者
oprkindchar  b = 挿入辞("両側")、 l = 接頭辞("左側")、 r = 接尾辞("右側"
oprcanmergebool この演算子はマージ結合をサポートしています。
oprcanhashbool ハッシュ結合をサポートする演算子
oprleftoidpg_type.oid左側被演算子の型
oprrightoidpg_type.oid右側被演算子の型
oprresultoidpg_type.oid結果の型
oprcomoidpg_operator.oidもし存在すればこの演算子の交替子
oprnegateoidpg_operator.oidもし存在すればこの演算子の否定子
oprcoderegprocpg_proc.oidこの演算子を実装する関数
oprrestregprocpg_proc.oidこの演算子の制約選択性予測関数
oprjoinregprocpg_proc.oidこの演算子の結合選択性予測関数

未使用の列にはゼロが入ります。 例えば、接頭辞演算子ではoprleftはゼロとなります。