他のバージョンの文書10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

第 16章Windowsにおけるソースコードからのインストール

目次
16.1. Visual C++ 2005を使用した構築
16.1.1. 必要条件
16.1.2. 構築
16.1.3. 整理およびインストール
16.1.4. リグレッションテストの実行
16.1.5. 文書の構築
16.2. Visual C++またはBorland C++を使用したlibpqの構築

ほとんどのユーザには、PostgreSQLウェブサイトからWindowsインストーラパッケージとして入手可能なWindows用のバイナリ配布物をダウンロードすることを推奨します。 ソースからの構築はPostgreSQLそのもの、もしくはその拡張の開発者のみを対象としています。

WindowsでPostgreSQLを構築する方法は複数存在します。 MinGWまたはVisual C++ 2005を使用すれば完全なシステムを構築することができます。 Cygwinを使用して、古めのバージョンのWindowsでも構築することができます。 最後に、クライアントアクセスライブラリ(libpq)は、Visual C++ 7.1またはBorland C++をを使用して構築された静的リンクのアプリケーションとの互換性のため、これらツール(訳注:Visual C++ 7.1、あるいはBorland C++)を用いてビルドできます。

MinGWまたはCygwinを使用する構築では、通常の構築システムを使用します。 第15章と、項15.8.5および項15.8.2にある固有の注釈を参照してください。 Cygwinは推奨されません。 これは、Windows 98などのネイティブビルドができない古めのバージョンのWindowsでの使用に限定してください。