他のバージョンの文書10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

SPI_modifytuple

名前

SPI_modifytuple -- 与えられた行の選択フィールドを置き換えた行を作成する

概要

HeapTuple SPI_modifytuple(Relation rel, HeapTuple row, int ncols,
                          int * colnum, Datum * values, const char * nulls)

説明

SPI_modifytupleは、選択された列は新しい値で置き換え、その他の位置は元の行の列をコピーした、新しい行を作成します。 入力行は変更されません。

引数

Relation rel

行の行記述子のソースとしてのみ使用されます。 (行記述子ではなくリレーションを渡すことは設計ミスです。)

HeapTuple row

変更される行

int ncols

colnum配列の列番号の数

int * colnum

変更される列番号の配列(列番号は1から始まります)

Datum * values

指定された列の新しい値

const char * Nulls

もしあれば、どの値がNULLかを表します (書式についてはSPI_execute_planを参照してください)。

戻り値

変更された新しい行。上位エクゼキュータコンテキストに割り当てられます。 rowNULLの場合のみNULLです。

エラー時、SPI_resultが以下のように設定されます。

SPI_ERROR_ARGUMENT

relNULLの場合、rowNULLの場合、ncolsが0以下の場合、colnumNULLの場合、valuesNULLの場合。

SPI_ERROR_NOATTRIBUTE

colnumが無効な列番号を持つ場合 (0以下、rowの列数以上)。