他のバージョンの文書 12 | 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

21.5. デフォルトロール

PostgreSQLでは、ある種の共通に必要で、特権のある機能や情報にアクセスできるよう、いくつかのデフォルトロールを提供しています。 管理者は自分の環境のユーザあるいはロールに対し、これらのロールを付与(GRANT)することで、それらのユーザに、その機能や情報を提供することができます。

デフォルトロールについては表21.1「デフォルトロール」で説明します。 それぞれのデフォルトロールの個別の権限については、将来、さらなる機能が追加されるに連れて変更されるかもしれません。 管理者は、変更がないかリリースノートを確認するようにしてください。

表21.1 デフォルトロール

ロール可能なアクセス
pg_signal_backend他のバックエンドにシグナルを送信する(例:問い合わせのキャンセル、プロセスの終了)

管理者はGRANTコマンドを使って、ユーザにこれらのロールへのアクセスを許可できます。

GRANT pg_signal_backend TO admin_user;