他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

名前

SET DESCRIPTOR — SQL記述子領域に情報を設定します。

概要

SET DESCRIPTOR descriptor_name descriptor_header_item = value [, ... ]
SET DESCRIPTOR descriptor_name VALUE number descriptor_item = value [, ...]

説明

SET DESCRIPTORはSQL記述子領域に値を投入します。 その後、通常、記述子領域はプリペアド問い合わせ実行においてパラメータをバインドするために使用されます。

このコマンドは2つの構文があります。 最初の構文は、特定のデータと独立した、記述子のヘッダに適用します。 2番目の構文は、番号で識別される特定のデータに値を割り当てます。

パラメータ

descriptor_name

記述子の名前です。

descriptor_header_item

設定するヘッダ情報項目を識別するトークンです。 記述子項目数を設定するCOUNTのみが現在サポートされています。

number

設定する記述子項目の番号です。 番号は1から数えます。

descriptor_item

記述子内のどの項目の情報を設定するかを識別するトークンです。 サポートされる項目のリストについては34.7.1. 名前付きSQL記述子領域を参照してください。

value

記述子項目に格納する値です。 これはSQL定数またはホスト変数とすることができます。

EXEC SQL SET DESCRIPTOR indesc COUNT = 1;
EXEC SQL SET DESCRIPTOR indesc VALUE 1 DATA = 2;
EXEC SQL SET DESCRIPTOR indesc VALUE 1 DATA = :val1;
EXEC SQL SET DESCRIPTOR indesc VALUE 2 INDICATOR = :val1, DATA = 'some string';
EXEC SQL SET DESCRIPTOR indesc VALUE 2 INDICATOR = :val2null, DATA = :val2;

互換性

SET DESCRIPTORは標準SQLで規定されています。

関連項目

ALLOCATE DESCRIPTOR, GET DESCRIPTOR