【JPUG主催】PostgreSQLカンファレンス2020【11月13日開催】
他のバージョンの文書 12 | 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

COMMIT

COMMIT — 現在のトランザクションをコミットする

概要

COMMIT [ WORK | TRANSACTION ] [ AND [ NO ] CHAIN ]

説明

COMMITは現在のトランザクションをコミットします。 そのトランザクションで行われた全ての変更が他のユーザから見えるようになり、クラッシュが起きても一貫性が保証されるようになります。

パラメータ

WORK
TRANSACTION

省略可能なキーワードです。何も効果はありません。

AND CHAIN

AND CHAINが指定されていれば、新しいトランザクションは、直前に終了したものと同じトランザクションの特性(SET TRANSACTIONを参照してください)で即時に開始されます。 そうでなければ、新しいトランザクションは開始されません。

注釈

トランザクションをアボートするにはROLLBACKを使用してください。

トランザクションの外部でCOMMITを発行しても特に問題は発生しません。 ただし、警告メッセージが表示されます。 トランザクションの外部でCOMMIT AND CHAINを発行するとエラーになります。

現在のトランザクションをコミットし、全ての変更を永続化します。

COMMIT;

互換性

コマンドCOMMITは標準SQLに準拠しています。 COMMIT TRANSACTIONの構文はPostgreSQLでの拡張です。

関連項目

BEGIN, ROLLBACK