他のバージョンの文書10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

3.11. pg_language

pg_language は関数やストアドプロシージャを書き込むことができる呼び出し用インターフェイスや言語を登録します。言語操作の詳細は CREATE LANGUAGE 以下と プログラマガイドを参照してください。

Table 3-11. pg_language の列

名前参照先説明
lannamename (新たに関数を作成する際に特定しなくてはならない)言語名
lanisplbool  (SQL などの)内部言語では偽となり、動的にロードされた言語操作モジュールでは真。つまり、真であるならばその言語は基本的に削除できることを意味しています。
lanpltrustedbool  これは trusted 言語です。その意味は CREATE LANGUAGE 以下を参照してください。もしこれが内部言語(lanispl が偽)であるならば、このフィールドは無視できます。
lanplcallfoidoidpg_proc.oid 内部言語でない場合、ある特定の言語で書かれたすべての関数を実行する特別な関数である言語操作を参照します。
lancompilertext 現在、使用されていません