他のバージョンの文書 12 | 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

41.18. pg_language

pg_language カタログはユーザ定義関数やストアドプロシージャを書き込むことができる呼び出し用インタフェースや言語を登録します。言語ハンドラの詳細は以下の CREATE LANGUAGE第34章 を参照してください。

表 41-18. pg_language の列

名前参照先説明
lannamename 言語名
lanisplbool SQL などの)内部言語では偽となり、ユーザ定義言語では真となります。現在 pg_dump ではダンプされる必要のある言語を決定するためにこれを使用していますが、いずれ別の処理方法に置き換えられる可能性があります。
lanpltrustedbool  trusted 言語です。もしこれが内部言語(lanispl が偽)であるならば、このフィールドは無視できます。
lanplcallfoidoidpg_proc.oid 内部言語でない場合、ある特定の言語で書かれたすべての関数を実行する特別な関数である言語ハンドラを参照します。
lanvalidatoroidpg_proc.oid これは、新しい関数が作成されたときに構文や有効性のチェックを引き受ける言語有効性検査関数を参照します。有効性検査関数がない場合はゼロになります。
lanaclaclitem[] アクセス許可権限。詳細はGRANTREVOKEを参照して下さい。