他のバージョンの文書 12 | 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

規約

このドキュメントではテキストのある部分を特色づけるために次のような 印字上の規約を使用します。新規の語彙、外来の語法、そしてその他の 重要なセンテンスは イタリック で強調されます。 特にコマンド、プログラムコード、そして画面出力などの入出力を表現する ものすべては固定幅フォント(例題)のようにします。 このようなセンテンスのなかでイタリックでの(事例) は位置保有を意味していて、その位置保有の場所に実際の値を挿入することに なります。場合によって、もし前に引用した事例に加えられたり変更されたり したプログラムコードの一部は太文字 (事例)で強調されます。

以下の規約はコマンドの梗概に対して使用されます。 カッコ([ および ])はオプション である部分を示します。(Tcl コマンドの梗概では疑問符(?) が Tcl のしきたりとして代わりに使われます。)大カッコ ({ および })そして縦線 (|)はいずれか一つを選択しなければならないこと を意味します。点々(...)の意味は前にある要素が繰り返される ことです。

明確性を強調する場面では SQL コマンドの前には => を付け、シェルコマンドの前には $ を付けます。 とは言っても通常プロンプトは表示しません。

一般的に管理者とはサーバのインストールと 運営の責にあたる人のことです。ユーザとは PostgreSQL システムの一部でも活用したり もしくはこれから使用するだれでもがその対象です。これらの用語は 厳密に解釈されるべきではありません。このドキュメントはシステム管理 の手順に付いて特定の固定観念を想定していません。