[11/15開催: PostgreSQL Conference Japan 2019 参加受付中] 
他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

DROP TRIGGER

名前

DROP TRIGGER -- トリガの削除

概要

DROP TRIGGER name ON table [ CASCADE | RESTRICT ]

説明

DROP TRIGGER は既存のトリガ定義を削除します。 このコマンドを実行するユーザは、トリガが定義されたテーブルの所有者でなければなりません。

パラメータ

name

削除するトリガの名前です。

table

トリガが定義されたテーブルの名前です (スキーマ修飾名でも可)。

CASCADE

このトリガに依存しているオブジェクトを自動的に削除します。

RESTRICT

依存しているオブジェクトがある場合に、このトリガの削除を拒否します。これがデフォルトです。

テーブル films にあるトリガ if_dist_exists を削除するには以下のようにします。

DROP TRIGGER if_dist_exists ON films;

互換性

PostgreSQLDROP TRIGGER 文は標準SQLと互換性がありません。 標準SQLでは、トリガ名はテーブルに局所化されていませんので、そのコマンドは単に DROP TRIGGER name となります。

関連項目

CREATE TRIGGER