他のバージョンの文書10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

DROP TRIGGER

名前

DROP TRIGGER -- トリガを削除する

概要

DROP TRIGGER [ IF EXISTS ] name ON table [ CASCADE | RESTRICT ]

説明

DROP TRIGGERは既存のトリガ定義を削除します。 このコマンドを実行できるのは、トリガが定義されたテーブルの所有者のみです。

パラメータ

IF EXISTS

トリガが存在しない場合でもエラーになりません。この場合注意メッセージが発行されます。

name

削除するトリガの名前です。

table

トリガが定義されたテーブルの名前です(スキーマ修飾名も可)。

CASCADE

このトリガに依存しているオブジェクトを自動的に削除します。

RESTRICT

依存しているオブジェクトがある場合に、トリガの削除を拒否します。 こちらがデフォルトです。

filmsテーブルにあるif_dist_existsというトリガを削除します。

DROP TRIGGER if_dist_exists ON films;

互換性

PostgreSQLDROP TRIGGER文には標準SQLとの互換性がありません。 標準SQLでは、トリガ名がテーブルに局所化されていないので、DROP TRIGGER nameというコマンドが使われています。

関連項目

CREATE TRIGGER