他のバージョンの文書9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

9.15. 集約関数

集約関数は複数の入力値から単一の結果を計算します。表9-37に組み込み集約関数を示します。集約関数の特殊な構文に関する考察は項4.2.7で説明されています。その他の入門的な情報については、項2.7を参照してください。

表 9-37. 集約関数

関数引数のデータ型戻り値型説明
avg(expression) smallint, int, bigint, real, double precision, numeric, or interval 整数型の引数であれば全てnumeric、浮動小数点の引数であればdouble precision、それ以外は引数のデータ型と同じ 全ての入力値の平均値(算術平均)
bit_and(expression) smallintintbigint、もしくは bit 引数のデータ型と同じ 全ての非NULLの入力値のビット積、非NULLの入力値がなければNULL
bit_or(expression) smallint, int, bigint,もしくは、 bit 引数のデータ型と同じ 全ての非NULLの入力値のビット和、非NULLの入力値がなければNULL
bool_and(expression) bool bool 全ての入力が真ならば真、さもなくば偽
bool_or(expression) bool bool 少なくとも1つの入力値が真ならば真。さもなくば偽
count(*) bigint入力値の総数
count(expression)全てbigint expressionが非NULL値を持つ入力値の個数
every(expression) bool bool equivalent to bool_and
max(expression)配列全て、数値、string、date/time型のいずれか引数型と同一 全ての入力値間でのexpressionの最大値
min(expression)配列全て、数値、string、date/time型のいずれか引数型と同一 全ての入力値間でのexpressionの最小値
stddev(expression) smallintintbigintrealdouble precisionもしくはnumeric 浮動小数点の引数であればdouble precision、それ以外はnumeric 入力値の標本標準偏差
sum(expression) smallintintbigintrealdouble precisionnumericもしくはinterval smallintまたはint型の引数であればbigintbigint型の引数であればnumeric、浮動小数点の引数であればdouble precision、それ以外は引数のデータ型と同じ 全ての入力値にわたってexpressionの和
variance(expression) smallintintbigintrealdouble precisionもしくはnumeric 浮動小数点の引数であればdouble precision、それ以外はnumeric 入力値の分散標本(標本標準偏差の2乗)

上記の関数は、count関数を除き、1行も選択されなかった場合NULL値を返すことに注意してください。特に、行の選択がないsum関数は、予想されるであろうゼロではなくNULLを返します。必要であれば、NULLをゼロと交換する目的でcoalesce関数を使うことできます。

注意: bool_andbool_or論理集約関数は標準SQLの集約関数everyanyまたはsomeに対応します。anysomeについてですが、標準の構文には曖昧さがあるようです。

SELECT b1 = ANY((SELECT b2 FROM t2 ...)) FROM t1 ...;

ここで、ANYは、副問い合わせの先頭とも、選択式が1行を返すとしたら集約関数とも取ることができます。したがって、標準ではこうした集約関数に名前がありません。

注意: 他のSQLデータベース管理システムでの作業に親しんだユーザは、count集約関数がテーブル全体に適用される場合の性能に驚かれるかも知れません。

SELECT count(*) FROM sometable;

のような問い合わせはテーブル全体を逐次スキャンを用いてPostgreSQLにより実行されます。