他のバージョンの文書10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

付録 E. リリースノート

目次
E.1. リリース8.1.9
E.2. リリース8.1.8
E.3. リリース8.1.7
E.4. リリース 8.1.6
E.5. リリース8.1.5
E.6. リリース8.1.4
E.7. リリース8.1.3
E.8. リリース8.1.2
E.9. リリース8.1.1
E.10. リリース8.1
E.11. リリース8.0.13
E.12. リリース 8.0.12
E.13. リリース 8.0.11
E.14. リリース 8.0.10
E.15. リリース8.0.9
E.16. リリース8.0.8
E.17. リリース8.0.7
E.18. リリース8.0.6
E.19. リリース8.0.5
E.20. リリース 8.0.4
E.21. リリース8.0.3
E.22. リリース8.0.2
E.23. リリース8.0.1
E.24. リリース8.0
E.25. リリース7.4.17
E.26. リリース 7.4.16
E.27. リリース 7.4.15
E.28. リリース7.4.14
E.29. リリース7.4.13
E.30. リリース7.4.12
E.31. リリース7.4.11
E.32. リリース7.4.10
E.33. リリース 7.4.9
E.34. リリース7.4.8
E.35. リリース7.4.7
E.36. リリース7.4.6
E.37. リリース 7.4.5
E.38. リリース 7.4.4
E.39. リリース7.4.3
E.40. リリース7.4.2
E.41. リリース7.4.1
E.42. リリース 7.4
E.43. リリース7.3.19
E.44. リリース 7.3.18
E.45. リリース 7.3.17
E.46. リリース7.3.16
E.47. リリース7.3.15
E.48. リリース7.3.14
E.49. リリース7.3.13
E.50. リリース7.3.12
E.51. リリース 7.3.11
E.52. リリース7.3.10
E.53. リリース7.3.9
E.54. リリース7.3.8
E.55. リリース7.3.7
E.56. リリース7.3.6
E.57. リリース 7.3.5
E.58. リリース 7.3.4
E.59. リリース 7.3.3
E.60. リリース 7.3.2
E.61. リリース 7.3.1
E.62. リリース 7.3
E.63. リリース7.2.8
E.64. リリース7.2.7
E.65. リリース7.2.6
E.66. リリース7.2.5
E.67. リリース7.2.4
E.68. リリース 7.2.3
E.69. リリース 7.2.2
E.70. リリース 7.2.1
E.71. リリース 7.2
E.72. リリース 7.1.3
E.73. リリース 7.1.2
E.74. リリース 7.1.2
E.75. リリース 7.1
E.76. リリース 7.0.3
E.77. リリース 7.0.2
E.78. リリース 7.0.1
E.79. リリース 7.0
E.80. リリース 6.5.3
E.81. リリース 6.5.2
E.82. リリース 6.5.1
E.83. リリース 6.5
E.84. リリース 6.4.2
E.85. リリース 6.4.1
E.86. リリース 6.4
E.87. リリース 6.3.2
E.88. リリース 6.3.1
E.89. リリース 6.3
E.90. リリース 6.2.1
E.91. リリース 6.2
E.92. リリース 6.1.1
E.93. リリース 6.1
E.94. リリース 6.0
E.95. リリース 1.09
E.96. リリース 1.02
E.97. リリース 1.01
E.98. リリース 1.0
E.99. Postgres95 リリース 0.03
E.100. Postgres95 リリース 0.02
E.101. Postgres95 リリース 0.01

E.1. リリース8.1.9

リリース日: 2007-04-23

このリリースは8.1.8の各種不具合を修正したもので、セキュリティ問題の修正を1つ含みます。

E.1.1. バージョン8.1.9への移行

8.1.Xからの移行ではダンプ/リストアは不要です。 しかし、8.1.2より前のバージョンからアップグレードする場合は、8.1.2のリリースノートを参照してください。

E.1.2. 変更点

  • search_pathにおける一時テーブルスキーマの明示的な指定をサポートしました。 また、関数や演算子ではその検索を無効にしました(Tom)。

    これは、SECURITY DEFINER関数がsearch_pathの値を本当に安全に設定するために必要です。 こうしないと、一時オブジェクトを使用して権限のないSQLユーザがSECURITY DEFINER関数の権限でコードを実行することができてしまうためです(CVE-2007-2138)。 詳細はCREATE FUNCTIONを参照してください。

  • /contrib/tsearch2のクラッシュを修正しました(Teodor)。

  • COMMIT PREPAREDは、そのトランザクションを準備したデータベースと同じデータベースで実行する必要があります。(Heikki)

  • VACUUM FULLUPDATE連鎖方法において潜在したデータ破損不具合を修正しました(Tom, Pavan Deolasee)。

  • 外部結合の向上やビットマップスキャンの選択ロジックなど、プランナを修正しました(Tom)。

  • ハッシュインデックスの拡張時のパニックを修正しました(8.1.6で入ってしまった不具合です)(Tom)。 (Tom)

  • POSIX書式の時間帯指定が新しいUSA DST規則に従うよう修正しました(Tom)。