他のバージョンの文書10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

42.41. pg_settings

pg_settingsビューはサーバの実行時パラメータにアクセスすることを提供します。基本的にSHOWSETコマンドの代わりとなるインタフェースです。同時に最大・最小値などのようにSHOWコマンドでは直接入手できないそれぞれのパラメータのいくつかの実状にアクセスする機能を提供します。

表 42-41. pg_settingsの列

名前参照先説明
nametext ランタイムコンフィギュレーションパラメータ名
settingtext パラメータの現在値
categorytext パラメータの論理グループ
short_desctext パラメータの簡潔な記述
extra_desctext 追加で、より詳細なパラメータについての情報
contexttext パラメータ値を設定するための構文
vartypetext パラメータ型(boolintegerreal、もしくはstring
sourcetext 現在のパラメータ値のソース
min_valtext 容認されている最少のパラメータ値(整数値でない場合はNULL)
max_valtext 容認されている最大のパラメータ値(整数値でない場合はNULL)

pg_settingsビューには挿入も削除もできませんが更新することは可能です。pg_settings行に適用されるUPDATEは名前付きのパラメータに対してSETコマンドを実行することと同値です。変更は現在のセッションで使用されている値にのみ有効です。もしも後に中止されるトランザクション内でUPDATEが発行されると、トランザクションがロールバックされた時点でUPDATEコマンドは効力を失います。排他制御中のトランザクションがひとたびコミットされると、その効果は他のUPDATEもしくはSETコマンドで上書きされない限りセッションの完了まで保たれます。