他のバージョンの文書10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

51.85. pg_settings

pg_settingsビューはサーバの実行時パラメータへのアクセスを提供します。 基本的にSHOWSETコマンドの代わりとなるインタフェースです。 同時に最大・最小値などのようにSHOWコマンドでは直接入手できないそれぞれのパラメータのいくつかの実状にアクセスする機能を提供します。

表51.86 pg_settingsの列

名前説明
nametext実行時設定パラメータ名
settingtextパラメータの現在値
unittext暗黙的なパラメータの単位
categorytextパラメータの論理グループ
short_desctextパラメータの簡潔な説明
extra_desctext追加で、より詳細なパラメータについての説明
contexttextパラメータ値を設定するために必要な文脈(後述)
vartypetextパラメータの型(boolenumintegerrealもしくはstring
sourcetext現在のパラメータ値のソース
min_valtext容認されている最小のパラメータ値(数値でない場合はNULL)
max_valtext容認されている最大のパラメータ値(数値でない場合はNULL)
enumvalstext[]許可された列挙パラメータの値(列挙型ではない場合はNULL)
boot_valtextパラメータが設定されていなかったとした場合に仮定されるサーバ起動時のパラメータ値
reset_valtext現状のセッションにおいてRESETによって戻されるパラメータの値
sourcefiletext現状の値が設定されている設定ファイル(設定ファイル以外のソースから設定された値の場合、スーパーユーザでもpg_read_all_settingsのメンバーでもないユーザから検査された時はNULLです)。 設定ファイル内でinclude指示子を使用する時に役に立ちます。
sourcelineinteger現状の値が設定されている設定ファイル内の行番号(設定ファイル以外のソースから設定された値の場合、スーパーユーザでもpg_read_all_settingsのメンバーでもないユーザから検査された時はNULLです。)
pending_restartboolean値が設定ファイル内で変更されたが再起動が必要という場合はtrue、それ以外の場合はfalse

contextが取り得る値は複数あります。 この設定の変更の困難さを軽くするために、以下に示します。

internal

これらの設定は直接変更できません。 これらは内部で決定された値を反映するものです。 一部は異なる設定オプションでサーバを再構築する、または、initdbに与えるオプションを変更することで調整することができます。

postmaster

これらの設定はサーバ起動時にのみ適用することができます。 このため何かを変更するためにはサーバを再起動しなければなりません。 これらの設定用の値は通常postgresql.confファイル内に格納されている、あるいは、サーバを起動する際のコマンドラインから渡されます。 当然ながら、より低い種類のcontextを持つ設定もサーバ起動時に設定することができます。

sighup

これらの設定は、サーバを再起動することなくpostgresql.conf内を変更することで行うことができます。 postgresql.confを再度読み込み、変更を適用させるためには、postmasterにSIGHUPシグナルを送信してください。 すべての子プロセスが新しい値を選択するように、postmasterは同時に子プロセスにSIGHUPシグナルを転送します。

superuser-backend

これらの設定は、サーバを再起動することなくpostgresql.conf内を変更することで行うことができます。 また、接続要求パケットの中で特定のセッション向けに設定することもできます(例えばlibpqPGOPTIONS環境変数)が、これは接続ユーザがスーパーユーザの場合に限られます。 しかし、これらの設定はセッションが開始してから、そのセッションの中で変更することはできません。 postgresql.conf内でそれらを変更した場合は、postgresql.confを再度読み込ませるために、postmasterにSIGHUPシグナルを送信してください。 新しい値はその後で始まったセッションにのみ影響を与えます。

backend

これらの設定は、サーバを再起動することなくpostgresql.conf内を変更することで行うことができます。 また、接続要求パケットの中で特定のセッション向けに設定することもできます(例えばlibpqPGOPTIONS環境変数)。 どのユーザでも、自分のセッション向けにそのような変更をすることができます。 しかし、これらの設定はセッションが開始してから、そのセッションの中で変更することはできません。 postgresql.conf内でそれらを変更した場合は、postgresql.confを再度読み込ませるために、postmasterにSIGHUPシグナルを送信してください。 新しい値はその後で始まったセッションにのみ影響を与えます。

superuser

これらの設定はpostgresql.conf、または、セッションの中でSETコマンドを使用することで設定することができます。 しかしSET経由で変更できるのはスーパーユーザのみです。 postgresql.conf内の変更は、セッション独自の値がSETで設定されていない場合にのみ、既存のセッションに影響を与えます。

user

これらの設定はpostgresql.conf、または、セッションの中でSETコマンドを使用することで設定することができます。 任意のユーザが自身のセッション独自の値を変更することが許されています。 postgresql.conf内の変更は、セッション独自の値がSETで設定されていない場合にのみ、既存のセッションに影響を与えます。

これらのパラメータを変更する各種方法に関する情報については19.1を参照してください。

pg_settingsビューには挿入も削除もできませんが、更新することは可能です。 pg_settings行に適用されるUPDATEは名前付きのパラメータに対してSETコマンドを実行することと同値です。 変更は現在のセッションで使用されている値にのみ有効です。 もしも後に中止されるトランザクション内でUPDATEが発行されると、トランザクションがロールバックされた時点でUPDATEコマンドは効力を失います。 排他制御中のトランザクションがひとたびコミットされると、その効果は他のUPDATEもしくはSETコマンドで上書きされない限りセッションの完了まで保たれます。