他のバージョンの文書9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

名前

DROP EXTENSION — 拡張を削除する

概要

DROP EXTENSION [ IF EXISTS ] name [, ...] [ CASCADE | RESTRICT ]

説明

DROP EXTENSIONはデータベースから拡張を削除します。 拡張を削除すると、その構成オブジェクトも削除されます。

DROP EXTENSIONを使用するためにはその拡張を所有していなければなりません。

パラメータ

IF EXISTS

拡張が存在しない場合でもエラーになりません。 この場合注意メッセージが発行されます。

name

インストールされている拡張の名前です。

CASCADE

削除する拡張に依存しているオブジェクトを自動的に削除し、さらにそれらのオブジェクトに依存するすべてのオブジェクトも削除します(5.13. 依存関係の追跡参照)。

RESTRICT

(それ自身が所有するメンバオブジェクトと同じDROPコマンドで指定された他の拡張以外に)依存しているオブジェクトがある場合に、拡張の削除を拒否します。 こちらがデフォルトです。

現在のデータベースからhstore拡張を削除します。

DROP EXTENSION hstore;

例えば何らかのテーブルがhstore型の列を持つなど、データベース内でhstoreのオブジェクトを使用している場合、このコマンドは失敗します。 こうした依存するオブジェクトも含めて強制的に削除するにはCASCADEを付けてください。

互換性

DROP EXTENSIONPostgreSQLの拡張です。

関連項目

CREATE EXTENSION, ALTER EXTENSION