他のバージョンの文書 12 | 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

第36章 情報スキーマ

目次

36.1. スキーマ
36.2. データ型
36.3. information_schema_catalog_name
36.4. administrable_role_authorizations
36.5. applicable_roles
36.6. attributes
36.7. character_sets
36.8. check_constraint_routine_usage
36.9. check_constraints
36.10. collations
36.11. collation_character_set_applicability
36.12. column_column_usage
36.13. column_domain_usage
36.14. column_options
36.15. column_privileges
36.16. column_udt_usage
36.17. columns
36.18. constraint_column_usage
36.19. constraint_table_usage
36.20. data_type_privileges
36.21. domain_constraints
36.22. domain_udt_usage
36.23. domains
36.24. element_types
36.25. enabled_roles
36.26. foreign_data_wrapper_options
36.27. foreign_data_wrappers
36.28. foreign_server_options
36.29. foreign_servers
36.30. foreign_table_options
36.31. foreign_tables
36.32. key_column_usage
36.33. parameters
36.34. referential_constraints
36.35. role_column_grants
36.36. role_routine_grants
36.37. role_table_grants
36.38. role_udt_grants
36.39. role_usage_grants
36.40. routine_privileges
36.41. routines
36.42. schemata
36.43. sequences
36.44. sql_features
36.45. sql_implementation_info
36.46. sql_languages
36.47. sql_packages
36.48. sql_parts
36.49. sql_sizing
36.50. sql_sizing_profiles
36.51. table_constraints
36.52. table_privileges
36.53. tables
36.54. transforms
36.55. triggered_update_columns
36.56. triggers
36.57. udt_privileges
36.58. usage_privileges
36.59. user_defined_types
36.60. user_mapping_options
36.61. user_mappings
36.62. view_column_usage
36.63. view_routine_usage
36.64. view_table_usage
36.65. views

情報スキーマは、現在のデータベースで定義されたオブジェクトについての情報を持つビューの集合から構成されます。 情報スキーマは標準SQLで定義されています。 したがって、PostgreSQLに特化し、実装上の事項にならって作成されるシステムカタログとは異なり、移植性があり、安定性を保持できるものと期待できます。 しかし、情報スキーマのビューには、PostgreSQL固有の機能についての情報が含まれていません。 これに問い合わせを行うためには、システムカタログもしくはPostgreSQL固有のビューに問い合わせを行う必要があります。

注記

制約情報についてデータベースに問い合わせるとき、一行を返すことが想定される標準に準拠したクエリが数行の結果を返す場合があります。 これは、制約名がスキーマ内で一意になることをSQL標準が要求しているのに対して、PostgreSQLはこの制約を強制しないためです。 PostgreSQLは自動生成される制約の名前がスキーマ内で重複することを防ぎますが、ユーザは重複する名前を指定できます。

この問題は、check_constraint_routine_usagecheck_constraintsdomain_constraintsreferential_constraintsといった情報スキーマビューを検索するときに表面化することがあります。 いくつかの他のビューにも同様の問題がありますが、重複行を識別する助けになるテーブル名を含んでいます。例えばconstraint_column_usageconstraint_table_usagetable_constraintsなどです。