他のバージョンの文書11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

CHECKPOINT

CHECKPOINT — 先行書き込みログのチェックポイントを強制的に実行する

概要

CHECKPOINT

説明

チェックポイントとは、ログ内の情報を反映するために全てのデータファイルを更新する、先行書き込みログのある一時点を指します。 チェックポイントによって、全てのデータファイルがディスクに書き出されます。 チェックポイントの間に何が起きるかについては、30.4を参照してください。

CHECKPOINTコマンドは、コマンドが発行された時、(19.5.2によって制御される)システムによって予定された通常のチェックポイントを待たず、即座に強制的にチェックポイント処理を行います。 通常の運用時にCHECKPOINTが使用されることは想定していません。

リカバリ中に実行された場合、CHECKPOINTは新しくチェックポイントを書き出さずにリスタートポイント(30.4参照)を強制します。

CHECKPOINTを実行できるのはスーパーユーザのみです。

互換性

CHECKPOINTコマンドは、PostgreSQLの拡張です。