他のバージョンの文書 13 | 12 | 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

51.15. pg_database

pg_databaseカタログには使用可能なデータベースの情報が格納されます。 データベースはCREATE DATABASEコマンドで作成されます。 いくつかのパラメータの詳細については第22章を参照してください。

ほとんどのシステムカタログとは異なり、pg_databaseはクラスタにおける全てのデータベースにわたって共有されます。 データベース毎に1つではなく、クラスタ毎にたった1つだけpg_databaseのコピーが存在します。

表51.15 pg_database Columns

列 型

説明

oid oid

行識別子

datname name

データベース名

datdba oid (references pg_authid.oid)

データベースの所有者。通常はそのデータベースの作成者

encoding int4

このデータベースの文字エンコード方式。 (pg_encoding_to_char()で、この番号からエンコード方式名称に変換できます。)

datcollate name

このデータベースのLC_COLLATE

datctype name

このデータベースのLC_CTYPE

datistemplate bool

trueの場合、このデータベースはどのユーザでもCREATEDBを使って複製することができます。 falseの場合、スーパーユーザまたはデータベースの所有者だけが複製することができます。

datallowconn bool

偽の時はこのデータベースには誰も接続できません。 これはtemplate0データベースが変更されることを防ぐために使用されます。

datconnlimit int4

このデータベースに対する同時のコネクションの最大数を設定します。 -1は無制限を意味します。

datlastsysoid oid

データベース最終のシステムOID。 pg_dumpでは特に有用です。

datfrozenxid xid

このデータベースの中で、この値よりも前のトランザクションIDは、永続的な(凍結された)トランザクションIDを持つように変更されています。 これは、このデータベースに対して、トランザクションID周回を防ぎ、かつ、pg_xactを縮小させることを目的としたバキュームを行うかどうかを追跡するために使用されます。 これはテーブル毎のpg_class.relfrozenxid値の最小値になります。

datminmxid xid

このデータベース内のトランザクションIDで置換される前のすべてのマルチトランザクションID。 これは、トランザクションIDの周回問題を防ぐ、またはpg_multixactを縮小させるためにデータベースをバキュームする必要があるかどうかを追跡するために使用されます。 これはテーブル毎のpg_class.relminmxidの最小値です。

dattablespace oid (references pg_tablespace.oid)

データベース用のデフォルトテーブル空間。 このデータベース内でpg_class.reltablespaceがゼロであるすべてのテーブルは、このテーブル空間に格納されます。 特に、共有されていないすべてのシステムカタログはこのテーブル空間にあります。

datacl aclitem[]

アクセス権限。 詳細は5.7を参照してください。