他のバージョンの文書 13 | 12 | 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

51.80. pg_replication_slots

pg_replication_slotsは、現在存在するデータベースクラスタとその状態、全てのレプリケーションスロットの一覧を提供します。

レプリケーションスロットに関する詳細は、26.2.6第48章を参照してください。

表51.81 pg_replication_slots Columns

列 型

説明

slot_name name

クラスタ間で一意なレプリケーションスロットの識別子

plugin name

出力プラグインに使用されている論理スロットまたは物理スロットの場合はnull、を含む共有オブジェクトの基底名。

slot_type text

スロットのタイプ。physicalまたはlogical

datoid oid (references pg_database.oid)

このスロットと関連しているデータベースのOID、またはnull。論理スロットだけがデータベースと関連を持つことができます。

database name (references pg_database.datname)

このスロットと関連しているデータベース名、またはnull。論理スロットだけがデータベースと関連を持つことができます。

temporary bool

これが一時レプリケーションスロットの場合真になります。 一時スロットはディスクに保存されず、エラーのとき、またはセッションが終了したときには自動的に削除されます。

active bool

このスロットが現在アクティブで使用されている場合、真。

active_pid int4

このスロットが現在アクティブで使用されている場合は、スロットを使用しているセッションのプロセスID。アクティブでなければNULL

xmin xid

このスロットがデータベースとの接続を必要としている最も古いトランザクション。 VACUUM は後でトランザクションによって削除されたタプルを除去できません。

catalog_xmin xid

このスロットがデータベースとの接続を必要としている、システムカタログに影響する最も古いトランザクション。 VACUUMは後でトランザクションによって削除されたカタログのタプルを除去できません。

restart_lsn pg_lsn

消費者のスロットによって必要とされており、LSNが現在のLSNからmax_slot_wal_keep_size以上遅れていない限り、チェックポイント中に自動的に削除されない最古のアドレス(LSN)です。 このスロットのLSNが保存されていなければNULLです。

confirmed_flush_lsn pg_lsn

利用者がデータの受信を確認できている論理スロットのアドレス(LSN))。 これより古いデータは、もはや有効ではありません。 物理スロットの場合はNULL

wal_status text

このスロットが報告するWALファイルの入手可能性。 可能な値は以下です。

  • reservedなら、報告されたファイルはmax_wal_size内であることを意味します。

  • extendedなら、報告されたファイルはmax_wal_sizeを越えているものの、レプリケーションスロットあるいはwal_keep_sizeによって、まだ保存されていることを意味します。

  • unreservedは、スロットはもはや必要なWALファイルを保存しておらず、その一部は次のチェックポイントで削除予定であることを意味します。 この状態はreservedあるいはextendedを返すことがあります。

  • lostは、必要なWALファイルの一部が削除されており、このスロットはもはや利用可能ではないことを意味します。

最後の2つの状態は、max_slot_wal_keep_sizeが非負の場合にのみ起こります。 restart_lsnがNULLなら、このフィールドはNULLです。

safe_wal_size int8

「ロスト」状態に陥る危険性のないスロットにおいて、WALに書き込むことのできるバイト数です。 失われたスロットに対して、あるいはmax_slot_wal_keep_size-1ならNULLです。