他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

1.2. 必要条件

一般的に、最近の Unix 互換のプラットフォームでは PostgreSQL を動作させることができるはずです。リリース時に明示的なテストを受けたプラットフォームの一覧を Section 1.7 にて示します。配布物の doc サブディレクトリにはいくつかのプラットフォーム固有の FAQ がありますので、問題が生じたときにはそちらを参照してください。

PostgreSQL の構築 (ビルド) には下記のソフトウェアパッケージが必要になります。

以下のパッケージはオプションです。これらはデフォルトの設定では必要ありませんが、下記のように特定の構築オプションを有効とする場合に必要となります。

リリースされたソースパッケージではなく CVS ツリーからのビルドの場合、または開発を行いたい場合には、以下のパッケージも必要となります。

GNU パッケージの入手が必要な場合、近くの GNU ミラーサイトから探して下さい (ミラーサイトの一覧は http://www.gnu.org/order/ftp.htmlにあります)。または、ftp://ftp.gnu.org/gnu/ から探して下さい。

また、十分なディスク領域があることも確認してください。コンパイル中、ソースツリーのために 65M バイト、インストールディレクトリに 15M バイトほどが必要となります。空のデータベースクラスタだけでも約 25 Mバイト必要であり、またデータベースは、同じデータのフラットテキストファイルと比べて 5 倍ほどの領域が必要になります。リグレッションテストを実行する場合は、一時的に最大で 90M バイトの領域が更に必要になります。ディスク領域を確認するためには df コマンドを使います。