他のバージョンの文書 12 | 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

28.13. 接続サービスファイル

接続サービスファイルにより、libpq接続パラメータをひとつのサービス名に関連付けることができます。サービス名は、libpq接続によって指定され、関連付けられた設定が利用されます。これは、接続パラメータが libpq アプリケーションの際コンパイルをせずに修正できるというものです。サービス名は、PGSERVICE環境変数を利用することで使用できます。

この機能を利用するために、share/pg_service.conf.sampleetc/pg_service.confにコピーし、ファイルを修正してサービス名とパラメータを追加します。このファイルは、クライアントのみのインストールにも利用可能です。このファイルの場所は、PGSYSCONFDIR環境変数によって指定することができます。