他のバージョンの文書10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

V. サーバプログラミング

ここでは、ユーザ定義の関数、データ型、演算子、トリガなどを使用してサーバの機能を拡張する方法についてを説明します。 これらはおそらく、PostgreSQLに関するユーザ向けの文書を理解した後にのみ辿り着く先進的な話題です。 また、最後の数章でPostgreSQLに附属するサーバサイドのプログラミング言語についても説明します。 同時にサーバサイドのプログラミング言語に関する一般的な問題についても説明します。 サーバ再度のプログラミング言語の章に進む前に、少なくとも、第31章(関数も説明しています)の最初の数節を読破することは重要です。

目次
31章SQL の拡張
31.1. 拡張の作用法
31.2. PostgreSQLの型システム
31.3. ユーザ定義関数
31.4. 問い合わせ言語 (SQL) 関数
31.5. 関数のオーバーロード
31.6. 関数の揮発性分類
31.7. 手続き型言語関数
31.8. 内部関数
31.9. C言語関数
31.10. ユーザ定義の集約
31.11. ユーザ定義の型
31.12. ユーザ定義の演算子
31.13. 演算子最適化に関する情報
31.14. インデックス拡張機能へのインタフェース
32章トリガ
32.1. トリガ動作の概要
32.2. データ変更の可視性
32.3. Cによるトリガ関数の作成
32.4. 完全な例
33章ルールシステム
33.1. 問い合わせツリーとは
33.2. ビューとルールシステム
33.3. INSERTUPDATEDELETEについてのルール
33.4. ルールと権限
33.5. ルールおよびコマンドの状態
33.6. ルール対トリガ
34章手続き言語
34.1. 手続き言語のインストール
35章PL/pgSQL - SQL手続き言語
35.1. 概要
35.2. PL/pgSQLによる開発向けのヒント
35.3. PL/pgSQLの構造
35.4. 宣言
35.5.
35.6. 基本的な文
35.7. 制御構造
35.8. カーソル
35.9. エラーとメッセージ
35.10. トリガプロシージャ
35.11. Oracle PL/SQLからの移植
36章PL/Tcl - Tcl 手続き型言語
36.1. 概要
36.2. PL/Tcl 関数と引数
36.3. PL/Tclにおけるデータの値
36.4. PL/Tclにおけるグローバルデータ
36.5. PL/Tclからのデータベースアクセス
36.6. PL/Tcl のトリガプロシージャ
36.7. モジュールと unknown コマンド
36.8. Tcl プロシージャ名
37章PL/Perl - Perl 手続き言語
37.1. PL/Perl関数と引数
37.2. PL/Perlからのデータベースアクセス
37.3. PL/Perlにおけるデータ値
37.4. PL/Perlにおけるグローバル変数
37.5. 信頼されたPL/Perlおよび信頼されないPL/Perl
37.6. PL/Perl トリガ
37.7. 制限および存在しない機能
38章PL/Python - Python 手続き言語
38.1. PL/Python 関数
38.2. トリガ関数
38.3. データベースアクセス
39章サーバプログラミングインタフェース
39.1. インタフェース関数
39.2. インタフェースサポート関数
39.3. メモリ管理
39.4. データ変更の可視性
39.5.