第132回理事会議事録

anzai2016/12/27 (火) - 19:48 に投稿

日時:2016年12月8日 18:30~19:30
場所:株式会社SRA 応接室

参加:坂田、多度、安齋、喜田、小山、高塚、桑村
委任状:本間、田中、東、福島、曽根、安、大垣、清末、石川

議長:高塚
議事録:喜田
(敬称略)

定足数を満たすことが確認され、議事が開始された。


第1号議案:PGConf.ASIA 開催報告(武田理事、喜田理事)

担当理事より、2016年12月2日-3日にかけて開催されたPGConf.Asiaの開催報告が
あった。
全体で300名超参加、JPUGが担当したチュートリアル枠も20名超が参加された。

次回のAsia開催については未定だが、開催地(国)によって対応が異なる点や、
来場者のターゲットを明確にできることが理由として挙げられ、JPUGとしては
国内のユーザーを主眼においた従来のものを開催したい旨が参加理事の間で確認
された。


第2号議案:webコンテンツWGの活動報告(桑村理事)

JPUG ウェブサイトおよびLet's PostgreSQLの新サイト移行状況が報告された。

12/8に移行完了予定であったが未完了であり、それそれ以下の対応が確認された。
JPUGウェブサイト:移行先サーバーが稼働済み、コンテンツ移行が未完了。
コンテンツ移行は桑村理事が担当ページを振り分けを指示する。
対応完了は、1月理事会で完成版の承認とその後切り替えと
する。
Let's PostgreSQL:コンテンツの移行はほぼ済、加賀理事がデザイン選定を行う。
対応完了はデザインの選定を持って年内に決定する。


第3号議案:JPUG活動への協力申し出について(喜田理事)

喜田理事より、正会員/非正会員の知人それぞれから以下のJPUGへの協力申し出を
いただいた旨が相談され、依頼事項等が検討された。

・スタッフ参加いただき依頼できること
サーバー管理、Let's PostgreSQLのコンテンツマネージャー、JPUGウェブサイト
のデザイン修正等が確認され、喜田理事から当人と連絡を継続することとなった。

・要望のあった活動
サードパーティのPostgreSQL対応についての情報公開していくことが要望され、
以下の対応ができることが確認された。
- 情報公開のためのページをJPUGウェブサイト上に設置
- MLで協力者を募る、またはそのためのMLの作成と管理
-
来年度、担当理事をたて分科会化し、予算措置を可能とする
喜田理事から当人と連絡を継続することとなった。


第4号議案:OSC大阪(東理事)

2017年1月27日-28日に開催されるOSC大阪へのブース出展および講演について、
講師を花田氏に依頼されたことが確認され、承認された。


第5号議案:11月広島での勉強会開催報告(喜田理事)

2016年11月26日 第18回中国地方DB勉強会および11月27日 OSC広島の実績が
両講師を担当した喜田理事より報告された。
初心者向けとしたDB勉強会では他DB(MySQLやOracle)経験者が半数ほど、
総勢名34が参加された。
OSC広島では商用DBからの移行をテーマに講演し、こちらは10名弱の参加であった。
両勉強会でSoftware Designの抜きずりを配布し、計90部ほど配布できた。


その他議題

・告知
9.6日本語ドキュメントが公開された

・リマインド
OSC東京の参加申し込み
OSC浜松の参加意思確認および申し込み
1~2月頃のJPUG勉強会やアンカンファレンスの開催について

以上で議事を終え閉会した。